魂の旅

スピリチュアルについて書いていく

邪気を寄せつけないもっとも有効な身近な対処法


f:id:tarookadato:20190802143659j:image

邪気をもつ人物を定義することなんかできやしない。なぜならじぶん自身も、体調の問題や心理的な問題で邪気をだしているのだから。だが、世の中にはあらゆる事象に慢性的な不満を募らせる人物もいる。こんかいは、故意に邪気をくっつけてくる人物についておはなししたいとおもう。

 

 

邪気を寄せつけないもっとも有効な身近でできる対処法

 

仲のよい友人とはなしをしているときでもときたま、なんだか疲れたと感じることはあるだろうし、われわれはひび多かれ少なかれ、誰かさんの邪気をもらっている可能性が高い。

 

だが、慢性的に邪気をもらいつづけているとなれば問題である。あまりに憔悴している場合は食べ物から栄養を摂取して、粗塩をいれた風呂につかり、モリオンを身につけることをおすすめする。

 

慢性的に邪気を発するひとには特徴がある。それは、「なんでも人のせいにする思考」を持っているということだ。世の中なにがおきるかはわからない。

 

ゆえに、じぶんのことはじぶんが責任を持って行動し、解決していくのがふつうだ。だが、慢性的な邪気持ちさんはじぶん自身に解決策がなにもなく、それまでの都合が悪いすべてを誰かのせいにして生きてきたのである。

 

その邪気が体内に溜まり、溜まって本人すら自覚できないほどになっているケースがある。それは非常に後ろ向きで自己愛的なエネルギーで、ほかの価値観を抱く人物を許せないといった病理を抱えている。

 

さて、無視することをせずなにか対処法はないかといわれれば、ある。「相手の事情に深入りしない」つまり、具合が悪くなるようなはなしに共感をしめさないというスタイルをとることである。

 

慢性的な邪気持ちはじぶんのはなしに巻き込んでからエネルギーを奪って邪気を擦り付けてくる。そこで、エネルギーを奪われまいと構えればからだは強ばり、仕事に支障がでる。

 

そこで、この人は私にはなしかけながら、じぶんの欲求を満たすことしか考えてないんだなと達観して、やり過ごす方法が有効である。

 

相手は゛私゛を必要としているのではなく、゛私゛というよりしろをつくってじぶんだけの世界を生きようとしていることを意識するんだ。

 

意識すれば、それは無意識に伝わり徐々に邪気を寄せ付けなくなる。(強引に邪気をくっつけてくる人からは離れるほかない)

 

あなたが邪気が通る通路をふさいでしまえば相手は、強制的にあなたのエネルギーを奪うことは難しい。</p