魂の旅

スピリチュアルについて書いていく

五次元の意識改革|魂の幸せを解説


f:id:tarookadato:20190625175946j:image

ここではあえて三次元と表現しよう。個人的には、抵抗があるのは確かだが、この記事を訪れてくださる読者のためにはそれがよいはずだ。三次元とはつまり、われわれ一般人の感覚世界だが、物質的な価値観がはびこり、人を裁き、実はものすごく観念的な感覚に支配されていることに気づいていない。ところで、あなたは映画「マトリックス」をご存知?とても面白い映画なのでもう一度みたいな。

 

 

三次元の価値観に飽きたなら

 

ボクはこの例え話が好きだからよく使うのだ。目の前に山がある。それをみて「なんで山があるんだ!邪魔だ」という人は変だろう。

 

だけど車で渋滞していて「なんで渋滞してるんだ!」という人はいる。そう叫ぶ人が渋滞を作っている一人だとは気づかない。根底にはなんで山があるんだ!邪魔だといっている人と変わらない感覚がある。

 

そうした感覚からの脱却が、幸せに気づく一歩なんだな。社会的に仕事でミスをすることは悪いとなっているが、悪いとは何を指して悪い?有名人の騒動に「許せないですね」とインタビューでこたえる。「じぶんがおなじ立場ならそのようにならないと言い切れるのか?」とは考えない。そうした価値観には゛お互い様゛という感覚が欠落している。

 

三次元的な価値観はなにかを落としてなにかに優位性をつけることに満足を覚える。勝ち組や負け組ということばが、その代表格ではないだろうか。人間は勝つことがあれば負けることもあるけれど、勝ち組、負け組などというカテゴリーは存在するのか?そうやって実体のない不安に憑依されていく。

 

あいつが悪い!悪が悪い!正義だ!倍返しだ!とやってると地球はダメになってしまう。さて、ではこのような三次元的な価値観はなにから生まれるかといえば「恐れ」である。

 

五次元の価値観

 

一方五次元的な価値観とは「愛」である。実は愛という響きに漠然としたものを感じているというケースは非常に多い。愛よりも恐れのエネルギー、つまり三次元的価値観で生きることを選ぶ人が多いからだ。

 

そこで、三次元的に愛を実行する手段を解説すると「受容、傾聴、共感」である。心理カウンセリングの来談者中心療法の一つだ。

 

恐れを持つ場合は、自己一致のための社会的、心理的、精神的な優劣を必要とするが、愛を動機に活動することは、自己一致のために、世界があるのではなく、世界のパーツにすぎないじぶんがいるというスタイルをとることだ。

 

あらゆる分別をやめて、己の霊性の向上に励むこととなる。過去の自意識形成からくるしがらみや、思い込み、エゴの投影をやめて、あらゆる価値観を大切にしたいと感じられるようになる。それこそが魂の喜びである。魂の喜びこそがどのような娯楽よりも素晴らしいものだ。物質的な手段に頼らずとも幸せを享受できるのだから。

 

魂の幸福とは「じぶんがじぶんであることに喜びを感じられる」ことだ。

 

 

おわりに

 

物質的な幸福には限界がある。というよりも、物質的な外的刺激は、真の幸福の代替えにすぎない。それは世界をさまざまな角度でみてとれる。魂の喜ぶ道を選ぶ、つまり、ひごろから自身と向き合うという訓練が必要になる。じぶんが持つあらゆる歪みを修正して、物事を観察するクセをつくるんだ。