魂の旅

スピリチュアルについて書いていく

ソウルメイトと出会う予兆|ソウルメイトをわかりやすく説明する


f:id:tarookadato:20190712210602j:image

ソウルメイトとは魂の伴侶、または仲間という意味である。じぶんのソウルメイトをしりたい、魂のかたちが似たもの同士は結びつく。また、それぞれが人生で抱えた課題をクリアするために、われわれは、その時期に必要なソウルメイトと出会っている。

 

 

ソウルメイト

 

カロリーメイトと、つい口ずさんでしまうくらい、ソウルメイトということばもいまや、さまざまなひとの口から流暢に発せられる。

 

ツインソウル、ツインレイ、ソウルメイトはそれぞれ異なる。

 

アバウトな説明だが、ツインソウルは自身と波長の似た人間。世界に複数存在する。

 

ツインレイは魂の片割れであり、唯一無二の相手。みずからの半身。お互いに魂の成長をある程度成し遂げたすえに出会う。ソウルメイトは世界に大勢いるし、マクロな意味では、出会う人すべてがソウルメイトだ。自身に学びと、気づきを与える存在だ。

 

ソウルメイトとの出会い

あなたはすでにソウルメイトと出会っているといえば、驚くか、記事の信憑性を疑うかだろうか。だが、実際にあなたのまわりには、家族、職場、友人、がいるだろう。彼らはみなソウルメイトである。

 

ツインレイはあなたの魂の片割れとして、あなたを探しているといわれるが、ソウルメイトは、あなたが出会ったすべてのひとのことだ。

 

例えば学校で仲のよい友人が五人いるとする。それはグループソウルといい、お互いを成長させるため、お互いのカルマ解消のために、集まったメンバーなのだ。例えば内面に怒りをもつ人どうしが、引き寄せの法則により、引き寄せられる。

 

表面上穏やかでも、内面に怒りがあれば、おなじカテゴリーにふりわけられ、「お互いクラスメイトですよ」というわけ。人生でうまくいかない理由があなたのなかにあるから、その問題に気づきなさいとうことだ。みんながみんな、相手を鏡として、じぶんを発見するために集まったソウルメイトなのだ。

 

 

そしてときに、嫌な上司役として、気難しい親役として、あなたに必要なことを与え、また、あなたからの影響を得るために登場する。人生は舞台と例えられることがあるけれど、まさにそのとおりだろう。

 

 

ソウルメイトと出会う予兆

 

一つのソウルメイトとの関係が解消された時、つまり、あなたが成長し、一つのグループソウルから抜けた、もしくは抜けたく感じはじめたときが、つぎのソウルメイトと出会う予兆だ。その時期はあなた自身がじぶんの成長を十分に感じているときでもある。あなたの成長度合いにより、以前の人間関係は変化し、あなたは新たな゛課題゛にチャレンジする機会をえる。必然的にグループソウル、ソウルメイトが登場する。

 

あなたが成長したときこそが、一つのグループソウルとの別れとなり、次のソウルメイトと出会う。

 

人との出会いに偶然はない。ゆえに、出会う人のすべてが、じぶんの師のような存在といえる。

 

ボクたちは魂を磨くため、地球という舞台で、さまざまな役者と出会い、気づき成長していく。生まれてくるときにそのストーリーはじぶんが決める。「前回地球へ繰り出したボクはあまり、謙虚さが身につかなかったから、厳しい親から生まれるか」とか。そうやって、魂を磨き、転生の必要がなくなるまで、その繰り返しである。

 

 

おわりに

 

嫌なあの人も、憎いだれかさんもソウルメイト、気づきをえるために、存在していると考えると、すこしだけ府に落ちないだろうか?好きな人、大切な存在、それらがすべて必然性のとりもつ事柄なのだから、なんとも神秘的である。</p