魂の旅

スピリチュアルについて書いていく

支配的な親は依存心が強い|スピリチュアル的にみた親子の関係


f:id:tarookadato:20190721130632j:image

さいきんは親子関係に関する問題が、以前よりもオープンに公開はれるようになり、ネット上でも親と子の関係における自由な意見が飛び交うようになった。幼い子供にとって親とは環境そのものだ。子供は価値観を尊重されて育つか、親から支配的な態度で接されて育つかで後の人生が変わる。スピリチュアル的視点をふまえて、すべての親子の問題に悩むひとのためにこの記事を書こうとおもう。

 

 

スピリチュアル的にみた親子関係と悩み解決の糸口

 

子供は親を選んで生まれてきたわけではない、という通説を覆すのがスピリチュアル的な観点だ。子供は生まれるまえに親を選択できる、というのだ。これは後ほど書く、実際の親子問題の悩みを解決することにも繋がるため書かせていただく。

 

「俺はもっともっと愛について知りたいな~」というがいる。

 

魂は愛するという能力を欠いた親を選んで、愛を体感できない幼少期をセット。そして自身の修行と成長のために、生まれてくるとされている。

 

どんな子供も将来は大人になる過程で親離れしていかねばならない。魂の成長という意味でも、さまざまな経験を積んで、じぶんの人生を生きていかねばならない。

 

そしてぼく自身の意見も含めおはなししたいことがある。もし愛が欠如した環境にいたとしても、ひとはそれを乗り越えて、じぶんの人生を進むことが可能であることをお伝えしておきたい。

 

 

………親子の役割逆転ということばをきいたことがあるだろうか?ふつう親が親の役目をして、子育てをするという構図、その認識は続いてきた。実際には親が子供に甘え、子供が親の心理カウンセラーになるなんて事例はざらにある。そういった親子関係にみられる場合、親自身が自立を果たしてなくって、未熟さからくる葛藤をすべて子供に押し付ける。

 

たちが悪いのは、愛、教育という体裁をとってそれを行う場合だ。押し付けは「支配」であるのだけど、本人無自覚ということが大半である。親も、またその親との関係で、愛による結び付きではなく、関係性による契約関係を習ったからだ。

 

子供の幼いこころは愛と教育という名のもとに、耐え難い束縛をうける。子供はつねに親のご機嫌を伺わねばならない。゛愛゛ということばは簡単に使われるけれど、愛は能力であり、五感を通して備わっている場合もあれば、備わっていない場合もある。

 

この部分は子供が大人になって理解するところであり、求めても、得られないという一種の諦念になっていく…。愛をしらない親は、間違った方法で子供との関わりを深めようとする。過干渉や無関心、すぎたることをする。

 

幼い子が親にわがままを通そうとするように、親が子供にわがままを押し付ける。じぶんが感じたことに共感してほしい。じぶんの味方でいてほしい。じぶんの好きなドラマは子供にも楽しいといってほしい。子供を理解するよりもまえに、じぶんが子供に理解してほしくて、ちょっかいをだす。

 

これは本当の意味での我が子の自立を妨げているということなのだ。愛をしらない親は、口では「親はいつまでも側にいるわけじゃないよ」などといいつつ、内心は自立できないために、いつまでも子供に影響力をもっていたいのだ。支配的な親はつまりは依存心がつよい。自己存在の獲得のために子供を必要とする。

 

スピリチュアル的な観点では、親のほうが、より魂の学びを果たしており、子供のほうが学びが少ないという、地球的法則はあてはまらない。

 

学びが深い魂が子供役を通して、幼い魂の親に、子育てを通じて成長と気づきをもたらすこともあるのだ。そんな環境を生きた子供は逞しい魂の持ち主である。あくまで、子供がいて親役ができ、親がいて子供役ができるということだ。

 

お互いに成長を得るためのソウルメイトだといえるだろう。過去世でのなにかしらの接点がある人物かもしれないがその辺りは定かではない。お互いの成長のために、ある時期に親と子が距離を置くというのはお互いのために大切なことだ。離れてこそ、自身の現状が理解できることもあるのだから。</p