原石から大御所まで

芸人について書いていきたいとおもいます。

天才サンドウィッチマン|大御所になっても進化し続ける|芸風と感想

f:id:tarookadato:20190401184620:plain
みなさまお気づきだろうか?

サンドウィッチマンの漫才やコントはネタとして、「ちょい悪」要素を取り入れることはあるが、人が不快感を覚えることばは決して使わずに漫才を成立させている。

相方をはたいたりせず、ネタ事態も、こちらがまるで日常会話を聞いているかのような錯覚を覚えるほど自然な流れができあがっており、非常に完成度が高い。


「東北魂」など、伊達みきおさん、冨澤たけしさん共に、人間としても非常に徳があり、それがみている者への配慮や柔らかいコンセプトとして、漫才のなかににじみ出ているように感じる。


初回であるこんかいはサンドウィッチマンの紹介をさせてもらいたい。

 

 

サンドウィッチマンのプロフィール

結成/1998年
所属事務所/グレープカンパニー
スタイル/漫才、コント
賞/2007年M1王者

ツッコミ担当:伊達みきお(だてみきお)

誕生日/1974年9月5日生まれ
出身地/宮城県
血液型/A型
身長/170cm
特技/卵の外見から、生卵か茹で卵か判断できる


ボケ担当:冨澤たけし(とみざわたけし)

誕生日/1974年4月30日生まれ

出身地/宮城県
血液型/AB型
身長/170cm
特技/スポーツゲーム

 

サンドウィッチマンの考察

彼らをはじめてテレビでみたのは、゛職務質問゛というコントで、感想は「お、かなり面白いな」だった。

ある年の暮れのことで、自然と彼らの存在が鮮明に残った。

それから彼らの独特の魅力にはまっていっていって、最初は腹をかかえて笑っていたのが、だんだんと、芸風のなかにある芸術性に気付き、面白いと同時に感心するようになる。

サンドウィッチマンの漫才の特徴は、ベタなことばややりとりをもってして、特殊な流れで進む部分だ。

誰にでもわかりやすい、また馴染みやすい内容に仕上げながら、観客は先の展開が読めない。

この辺りは脚本担当の冨澤たけしさんの力量が伺い知ることができる。

ネタ作りの天才と称される冨澤たけしさんはもちろん、相方の伊達みきおさんのツッコミも、天才である。

伊達みきおさんのツッコミについて、その凄さがイマイチわからないという方もいるが、それは、伊達さんが゛普通のことば゛を使っているからだろう。

例えば、「救急隊員」というコントで、お腹が痛い伊達さんに、冨澤さんが「痛いの痛いのとんでけ~」という場面では、伊達さんは「子どもだましか」とツッコんでいる。

それでいて面白いのは、笑わそうとする奇抜なことばのチョイスでなくとも、漫才が成立するという証拠である。

両者の間合いが天才的にうまいがゆえにできる芸当といえるのだ。

 

サンドウィッチマンの考察2

お笑いといえば吉本興業で、お茶の間は吉本一色、当時飛ぶ鳥をおとす勢いであったのはご存知だろう。

そんななか、テレビではお笑いは「関西」という風だったころ、東京出身のツービートが登場し、それから関東の漫才が徐々に延びてきたようにおもう。

関西特有のノリは、インパクトが強い反面、個性の強さから好き嫌いが分かれる部分がある。

それを差し引いても関西の漫才は面白く、テンポの良さは凄いのであるが、いよいよ関東の漫才のレベルが高くなると、強烈さがないものの、高度な漫才をやりだした。

サンドウィッチマンは、がつがつと笑いをとりにいくのではなく、確固たる技術をもって、じぶん達の信念に従って漫才をしているように感じる。

例えば、どちらも、ボケとツッコミが可能な両者であるのだが、冨澤さんがボケメインでありながら伊達さんがときどきボケる辺りで、漫才全体に柔らかさが生まれる。

ツッコミにナルシズム的なことばをいれず、ボケた相方に、リスペクトのあることばで対処していて、そこに日常会話を彷彿させるものがある。

彼らの漫才は耳で聞くだけでも、面白さが伝わるほどであり、ふつうのことばで笑いをとるという芸当は相当難しい。

ツッコミはボケた相方の間違いを諭す役割もあるため、その性質上、個人的にツッコミには、愛がないといけないとおもうのだ。

キツイことばは、正直、みているじぶんが怒られたかのような不快感も感じてしまう。

サンドウィッチマンの漫才は、自己満足に終着する部分がなく、相方ふくめ、観客に向けての配慮が感じとれて、満足を見終わったあと非常に、心地よい余韻にひたれる。

冨澤さんのボケの特徴は、いたってシンプルであり、非常に上品である。

あまりにシンプルすぎて、観客側は一瞬あっけにとられてしまう。

哀川鳥では、キャビンアテンダントの冨澤さんが、乗客の伊達さんに「私鹿児島までいくんですが、どちらまでいかれますか?」と聞く、そこにすかさず伊達さんの「一緒だ」というするどいツッコミが入る。

冨澤さんのボケの内容はあたりまえすぎて、逆に、「?」と考えらされるときがあり、伊達さんのツッコミで、現実世界に連れ戻されて、笑いがおこる。

みごとな脚本である。

二人は高校時代からの付き合いがあり、長い付き合いがあるからこその、構成可能な脚本なのかもしれない。</p  

 

終わりに

二人が2007年にM1で優勝してから、10年以上がたち、さまざまな番組に引っ張りだこであるにもかかわらず、現在も彼らはハングリーに新たな漫才をつくりつづけている。

過去の漫才から現在の漫才のスタイルの変遷をみると、そのレベルの向上ぶりがわかる。

ひたむきに漫才に向き合わねばできぬ芸当であり、いまや「日本一うまい漫才師」といっても過言ではない。

そんな彼らには生涯現役を貫いてほしい。

そしてこれからもお笑い界をリードして、新たな笑いをみせてほしいとおもう。