魂の旅

スピリチュアルについて書いていく

恐れを克服して傷つかない自分になる方法


f:id:tarookadato:20190727135754j:image

「もう傷つきたくない」そう感じながら、多くのひとがひび嫌なひとと会い、傷つけられたと感じながら生活している。仕事は我慢料だといわれても納得できないレベルで理不尽が降りそそぐ。会社、家庭、学校さまざまな場所でさまざまな納得いかない出来事がある。現代を生きるひとのためにスピリチュアルな視野をからめて、こんかいは傷つかなくなる自分づくりをご紹介したい。

 

 

恐れを克服して傷つかなくなる自分づくりをする

 

スピリチュアルの世界ではこの世に存在するエネルギーは愛と恐れの二つだけと説く。そしてこの世を生きるうえで、愛よりも恐れのエネルギーが大半をしめていることが事実だ。

 

相手を恐れて威嚇をしたり、出世を邪魔する存在を恐れてライバルを陥れたり、恐れから相手を傷つけることに現代人は慣れすぎている。恐れは゛病゛だ。

 

本来われわれは誰かと関わることで、その他人をじぶんの心理的な問題に巻き込む必要はまったくない。一人の人間として成立する者同士であれば、お互いに愛を与え合い発展することが可能である。

 

だが実際は、会社や家庭、学校という共同体において、優劣意識から相手の尊厳を傷つけるような関係においてでも、仲間意識を持つように教育されている。ほんとうに大切な人間同士の団結とは本来愛で繋がることをさす。愛を理解するためには、自身のなかにある恐れと向き合わねばならない。

 

なにがみえるだろう。嫉妬、トラウマ、劣等感などなど。ガンジーのことばを一部引用して、ひとが大人になるということは、「速度をあげつづける」ということではない。………ぼくたちが、大人になるということは、自己理解を深めるということだ。

 

 

多忙という環境で内観をさぼっていては精神と魂の成長はない。世の中の見方は何十年も変わらないということになる。一人一人が「一体なぜじぶんは人に対してこのような感情を抱くのだろう」と考えてじぶんをみつめはじめると、世の中は美しい方向に変わっていくはずだ。

 

なぜなら問題は人ではなく゛じぶんの感じ方゛にあったことに気づくからである。自身のなかに怒りの感情があれば、おなじく怒りを内在させる人物の感情と触れあう。そして、「あいつはなぜ、性格が悪いのだ」という。

 

その憤りは、相手の怒りではなく、じぶんの怒りを克服せねば消え去ることはない。相手は自身の鏡である。人生は鏡の法則だ。自身の内面を克服していくと、誰かの邪さから傷つけられるという現象が減っていくのだ。

 

プライドが高い人物に「仕事できないよね」といえば傷つくかもしれない。だけどじぶんが仕事ができないと日頃から感じているひとなら、プライドが高い人ほど傷つかなくてすむ。

 

平穏なこころを会得するためには、そのようにこころを整理する時間が人間には絶対に必要だ。「相手の発するエゴや邪さに、こころが反応しないじぶん作り」をするのだ。

 

ひとの多くの欠点を許し、相手の自己都合による多くの事柄には、一歩ひいて譲ってやればいい。譲れないもの以外は譲って、しまえば、それだけであなたの勝ちである。あなたは愛を実践したのだ。

 

大人になるということは、器を広げなくては年数が価値をもたないのではないか。傷つきたくなければ、自己イメージ含めて、大半のことは譲ってやることだ。譲ったからといってあなたの美点が消えるわけではない。むしろ徳を積んでいるのだ。

 

媚びるのではない。同情するのではない。「譲ってしまえば、相手はあなたから奪えない」

 

恐れという病は自己の内面を観察し克服していくことで治まり、傷つくことは自己認知の変化によって小さくなっていく。