魂の旅

スピリチュアルについて書いていく

アセンションした特徴をわかりやすく説明|地球に来たわれわれの使命


f:id:tarookadato:20190630061013j:image

さて、アセンションと聞くと、現在進行形で地球の波動が上昇しているため、それがわれわれの肉体的、精神的な部分に変化を与え、高次元の存在と繋がるというものだ。ちなみに高次元と文字を打つと、はじめに工事げんと表示されるのは秘密だ。こんかいはアセンションを誰にでも理解できるよう説明したいとおもう。

 

 

われわれが地球へ来た意味

 

あなたは輪廻転生を信じるだろうか?スピリチュアル的な説明によると、われわれは高級霊の住まう霊界という場所で霊性向上という目的を持ち生活していた。

 

だけども、霊界は、階層式の構造でおなじ霊魂のレベルの者どうしで、グループを組むことになる。なんだか、また違った意味の縦社会を連想してしまう。だけど、それは地球という場所で学び、魂をどれだけ磨き、気付きを得たかで、地球から帰ってきた魂に、「君はよく頑張ったから三年A組ね」と振り分けられた結果だ。

 

そして、また、魂の修行のため「ちと、地球にいくかの~、どういう設定にすれば、霊性向上になるかな~」と霊界でのインターバルをおき、再び魂の修行のために、地球へgo。霊性向上という業績をあげてやるぜ!

 

階層があがり、いずれ高級霊のおわす場所まで到達すれば、輪廻転生をする機能は、絶対のものではなくなる。地球で学ぶ必要がないため、地球に出向く必要がない。

 

霊界にも、音楽や、絵画などといったものがあるようだし、わざわざ階層の異なる魂がバラバラに存在する地球に出向く面白さはすでにないのだろう。

 

だけども、一定の高級霊は、地球に住まう人のために、自ら進んで気付きを与える目的で、地球行きを希望する霊もいる。そういった霊は、歴史のふしぶしに現れ、歴史の教科書に載っていたりするのだ。活動動機は愛によるものだ。われわれの地球での学びも突き詰めると愛に生きる道を選ぶことにある。

 

アセンションの特徴

 

アセンションで起きる変化はライトボディの説明がわかりやすい。

 

われわれの気付きのレベルによって、肉体、精神、脳の構造に変化が訪れる。地球という環境が魂にとってより精巧な働きかけをしてくるため、そこに住むわれわれも影響を受けるのだ。

 

どんな物にも波動がある。つまり振動している。振動数の違いすぎる物同士は同調できない。恐れを動機として生きる人間と、愛を動機として生きる人間は同調できない。現状は愛を動機とした道を促されていると考えればよい。

 

そんな変化で起きる現象は、肉体面では、耳鳴り、目眩、チャクラが熱くなる、原因不明の体調不良など。

 

精神的な部分では、まず過去の古い感情パターンを手放すことからはじまる。人間の感情は瞬間瞬間感じるものだけど、幼少期からの思考パターンによって形成されている部分が大半をしめている。よって、一度それらをクリーンにするようこころがけて、偏りのない視野を獲得することで、いざ、本格的にアセンションへ突入していく。

 

偏りのない視野を体得すれば、つぎに心で物事を判断するようになる。従来と違って、物事を心で観察すると、これまでじぶんを傷つけていた事情含めて、さまざまな事象をま~るく受け入れられるようになる。段々とジャッジしたり、偏見を抱いたりする頻度が減ってくる。

 

なかには、アセンションの過程で、透視など第6勘的なちからを発現させる者もいると聞く。そして、大詰めはいよいよ意識が高次元と交信するという領域にはいる。付け加えると、いまじぶんがアセンションのどのレベルにいるのかという発想よりも、ひびどのように生きるかという意識のほうが重要である。

 

つまりアセンションとは、じぶんを見つめてひび愛を実践しなさいよという、人としてとても普通なことを指導されているのだ。

 

 

おわりに

 

ながい歴史のなかでわれわれは、あまりにも理不尽なことを実践し、モラル的な問題を残してきた。これからは霊的な感性に磨きをかけ、森羅万象の摂理を大切にしながら、自身を節制していかねばならない。世界が愛にあふれた環境になることを願っている。