魂の旅

スピリチュアルについて書いていく

スピリチュアルメッセージ|相手を嫌ってもあなたに愛がないわけではない


f:id:tarookadato:20190809135608j:image

誰かを愛するという行為が可能なのは、相手を好きになる、また嫌うという選択肢があってこそである。あなたには誰かを嫌う権利がある。それはスピリチュアル的にみて自然な摂理であるのだ。

 

 

相手を嫌ってもよい、嫌ったからといってあなたに愛がないわけではない

 

例えば、あなたが誰かと一緒にいて、頻繁に不愉快な気持ちになるとする。そのときとても息苦しいけれど、相手を嫌いなのか、どうなのかということが、ハッキリとわからない場合は、あなたは嫌う行為を禁止されてきたのだ。無意識に、私を嫌ってはならない、という誰かからのメッセージがすりこまれている。

 

当然ながらあなたが誰かを嫌いになったとしても、あなたに愛がないということにはならない。だがもし、不愉快な行いをされているに関わらず、相手を嫌うことに抵抗があるというような場合や、相手を好きなのか嫌いなのかがわからないというような場合は、あなたの感情は搾取されてきたのかもしれない。

 

誰かを嫌いになることに、なんの罪悪感が必要だろうか?誰の許可がいるのだろうか?人間は生命的な部分で、依存せねばならないような状況下であれば、相手に嫌われまいとする。そのような状況下は人間の幼少期であれば簡単にできあがる。こどもにとっては親は神だからだ。

 

こどもに逆らうことに抵抗を感じさせるような親は、自己中心的であり未熟である。自身の未熟さを、あけすけがないとか親しみやすいとか本人なりの解釈付けをするけれど、相手の自由を拘束する人物にかわりない。私を嫌ったら許さないぞという無意識のシグナルを送ってくる。

 

そして可哀想な人物を演じる。そのような環境がこどもの健全な心理的成長を阻害することはいうまでもない。こども自身の判断ができなくなるからだ。依存と、期体感を抱かせるような人物は要注意だ。最初からおそろしい人物であれば近寄らないが、他人のこころを、まったく゛受け入れない゛ひとというのは、一見善良にみえるものだ。

 

それでいて、自我を通しながら、じぶんを嫌いになることを阻止しようとする。あなたがもし、そんな相手を否定したとすれば、相手はあなたがいかに不十分で、じぶんがいかに優れているかを語るだろう。無意識領域で息苦しい相手はたいてい、あなたが嫌いになってよい相手である。取り繕った表面上のことばは一切関係ない。

 

好きか嫌いかという選択肢がぬきとられた世界というのは窮屈いがいのなにものでもない。あなたには愛がある。もし表現する手段がみあたらないとしてもだ。相手を嫌ったからといってあなたは悪いことをしているわけでも、愛がないわけでもない。善人が好き嫌いをしないわけではない。善人も好き嫌いがあって当然なのだ。感じるままにあなたは十分なのだ。 

邪気を寄せつけないもっとも有効な身近な対処法


f:id:tarookadato:20190802143659j:image

邪気をもつ人物を定義することなんかできやしない。なぜならじぶん自身も、体調の問題や心理的な問題で邪気をだしているのだから。だが、世の中にはあらゆる事象に慢性的な不満を募らせる人物もいる。こんかいは、故意に邪気をくっつけてくる人物についておはなししたいとおもう。

 

 

邪気を寄せつけないもっとも有効な身近でできる対処法

 

仲のよい友人とはなしをしているときでもときたま、なんだか疲れたと感じることはあるだろうし、われわれはひび多かれ少なかれ、誰かさんの邪気をもらっている可能性が高い。

 

だが、慢性的に邪気をもらいつづけているとなれば問題である。あまりに憔悴している場合は食べ物から栄養を摂取して、粗塩をいれた風呂につかり、モリオンを身につけることをおすすめする。

 

慢性的に邪気を発するひとには特徴がある。それは、「なんでも人のせいにする思考」を持っているということだ。世の中なにがおきるかはわからない。

 

ゆえに、じぶんのことはじぶんが責任を持って行動し、解決していくのがふつうだ。だが、慢性的な邪気持ちさんはじぶん自身に解決策がなにもなく、それまでの都合が悪いすべてを誰かのせいにして生きてきたのである。

 

その邪気が体内に溜まり、溜まって本人すら自覚できないほどになっているケースがある。それは非常に後ろ向きで自己愛的なエネルギーで、ほかの価値観を抱く人物を許せないといった病理を抱えている。

 

さて、無視することをせずなにか対処法はないかといわれれば、ある。「相手の事情に深入りしない」つまり、具合が悪くなるようなはなしに共感をしめさないというスタイルをとることである。

 

慢性的な邪気持ちはじぶんのはなしに巻き込んでからエネルギーを奪って邪気を擦り付けてくる。そこで、エネルギーを奪われまいと構えればからだは強ばり、仕事に支障がでる。

 

そこで、この人は私にはなしかけながら、じぶんの欲求を満たすことしか考えてないんだなと達観して、やり過ごす方法が有効である。

 

相手は゛私゛を必要としているのではなく、゛私゛というよりしろをつくってじぶんだけの世界を生きようとしていることを意識するんだ。

 

意識すれば、それは無意識に伝わり徐々に邪気を寄せ付けなくなる。(強引に邪気をくっつけてくる人からは離れるほかない)

 

あなたが邪気が通る通路をふさいでしまえば相手は、強制的にあなたのエネルギーを奪うことは難しい。</p  

 

 

断食は魂をきれいにする|その効果を体感した五年間


f:id:tarookadato:20190730093723j:image

断食はファスティングとも呼ばれダイエットや、生活習慣病予防など、現代ではさまざまな用途で行われるようになった。断食事態は非常に古くからある習慣でその定義は断定できない。ただ、故意に食事をとらない好意はからだや精神にになにかしらの影響を与えることは、人間の直感的部分で認識されてきたのかもしれない。こんかいは断食は魂をきれいにするという観点ではなしをさせていただく。

 

 </p

断食は魂をきれいにする

 

はじめて断食をしたのは病院でのことだった。咽頭炎となり、食事を飲み込もうとすれば喉に激しい痛みがはしる。五日の闘病生活のなか、飲食していないに関わらず三日目にはどこかからだ全体が爽快感をおぼえていた。

 

ひびの生活に戻ると精神的にどこか、落ち着きはらっているじぶんがいた。ふりかえると、そのときの爽快感を忘れられず断食に挑んだことが、現在までつづく、少食と定期的な断食習慣をこしらえていったのだろう。

 

はじめ意識して断食を行ったときは、空腹がつらいと感じることが多々あったのだが、一日~二日の断食を終えると例の爽快感がよみがえった。断食をはじめたときに空腹感がキツイと感じるケースは多いようだ。普段から食を減らすことで、空腹が慣れっこになってくる。ぼくはそれ以外の解決策をしらない。空腹を我慢することに慣れてくれば断食ダイエットとかアンチエイジングとかって余裕で習慣的なことばがでるようになる。

 

 

そして、精神面でも変化が起きた。嫌いなひとと会ってはなしをするときも、邪な感情がわかず、無欲の状態でいられることに気づく。断食の効果として感情面がフラットになったためだろう。以前ならなにかいわれてむきになる場面でも、「この人はこういう人だ」とどこかで割りきっているじぶんがいる。

 

いい意味で、相手の一挙一動にあまり刺激を受けなくなる。それらも確かに多きな変化だけど、断食の醍醐味はをきれいにすることだと個人的には理解している。

 

魂はひとのこころの動きを司る役目をしているため、精神とからだに働きかけて、人間の根本的部分を左右するのだ。断食を二日以上行った経験があるひとには理解できるとおもうが、栄養素の補給が絶たれた奇妙な虚脱感とともにじぶんの気持ちが純粋になった感覚をともなう。「これが本来のじぶんか」と感じる。

 

五年間の間に間隔をへだてて断食をおこなってきた。そして定期的に断食をするようになると、抑圧してきた感情の解放がはじまる。なぜじぶんはそう感じたのか、この感情はいつごろ生まれたのか、人生を逆再生するように、こころの真実と意識の変化が起きる。

 

古い感情に縛られて、じぶんの本質がわからなかった状態からの脱却である。

 

魂が感情を解放して成長すると、計算式というか、こころが、それまでの認知的な計算を手放し、じぶんと世間により深い洞察をもたらす。脳で考えるた人間関係の統計はなりをひそめて、魂で感じたことの実践を行うようになる。

 

魂がきれいになると、自己のありのままの過去と現在を愛して、余裕な厚かましい「こうでなければならない」といった観念を自然と手放せる。断食の効果はからだや精神へ与える作用だけではなく、魂の成長にも必要だと実感した。</p  

スピリチュアルメッセージ|与え下手は貰い下手~人にしてもらってばかりでお返しできないと焦っているあなたへ


f:id:tarookadato:20190728094219j:image

ぼくたちは、ふだんひとになにかと世話になる。生活のうえで協力し合うこともあれば、仕事で助けられることもある。こころの籠った援助に対しては当然、「お返しがしたい」と考えるのがひとの常。だけど、どんな風にお返しをしたらよいかわからないというケースは少なくない。さて、どうしたものか。

 

 

与え下手は貰い下手

 

スピリチュアル的にみて、ひとになにがしかの善行をすることは魂の成長にとって不可欠なことだ。を積む行為である。

 

して、徳を積むというのは、こうすればよいという方程式はない。尊敬する人物の所作を観察して、価値観を理解するうちに、「こういうものかな」とわかってくる。その所作の意味が理解できるようにならないと、ひとになにかを与えることはできない。表面上、仕事や家庭用など、ある一定のルール上で、してもらってお返しをすることはみながやっていることである。

 

もっと重要なことは仕事や家庭におけるペルソナを越えたところで発揮される徳である。例えば目の前にAさんのハンカチが落ちている。知り合いなのでふつうのひとはハンカチを拾ってAさんに「落ちてましたよ」と渡すだろう。

 

だが、そのとき、ハンカチの埃をはたいて渡すという所作にはなにがしか、個人としてこころをくだいている。

 

ハンカチを受けとった側はそうやって、「ハンカチを拾ってもらった」ことの意味を理解する。こればかりは、なにかをしてもらったからお返しをしなくちゃ!と焦ってもいけない。相手は損得感情で行動したのではないので、相手のこころを忖度しなければ、何かをお返しすることはできない。

 

 

目の前の事情でどうにかしようとあがいてもだめで、そんな場合、日頃からのこころがけがなければうまくいかないものだ。小手先は通じないし、メッキは剥がれる。

 

仕事に対して、仕事でお返しすることはできる。そして、こころに対しては、物やお金、仕事ではお返しできない。こころにはこころで対応するのだ。お返ししなくちゃ!と焦っているひとは利己的になっており、じぶんの評価のほうが気になる段階である。

 

お返しができないのは、まず、じぶんしか見えてないからだ。お返しができないのは、素直に浮けとっていないからだ。

 

相手は見返りからこころをくだいてくれたのだろうか?相手が示してくれたこころには、与え返したいと、傲慢になるまえに、受けとることが肝心だ。

 

じぶんがひとにプレゼントを送ったとき、素直な嬉しさを表現してくれると嬉しいだろう。「与えられない」などと考えずにまずは受けとりまくれ。謙虚になり、(今は与えられないけれどと自覚して)受けとっているうちに、お返しの方法ややり方は身についていくものだから。</p  

スピリチュアルメッセージ|夢をもつより大切なこと


f:id:tarookadato:20190727164107j:image

若者よ「夢をもて」とは、ぼくはいえない。そしてスピリチュアルの解釈でもその限りではない。学校などでは夢をもつことの大切さはさんざん教えているが、実際には夢をもつより大切なことがある。こんかいはそのおはなしをしよう。

 

 

夢をもつより大切なことがある。

 

非常に現実的で、まさに夢から覚まさせるような切り口からはいるので申し訳ない。一応ことわっておく。スピリチュアル的解釈からいえば、瞑想の世界をひきあいに出して説明するといまの瞬間瞬間が幸福であり、充実していることが肝心である。

 

つまりいつかの夢ではなく今の今が大切なのだ。いわれてみれば当然といえば当然だ。今の連続が未来であり、今の一秒が不幸であれば、その連続が未来だからだ。

 

まずなぜ夢をもつことが素晴らしいのだろう?お金もちになりたい。よい職業につきたい。車も家も欲しい。もちろん否定するきはないけれど、結果の想像ありきで夢を実現させる発想には賛同できない。

 

夢のために、なにかを犠牲にしたりすることもだ。いまのじぶんにできることの連続性の結果が未来であるならば、一秒、一時間、一日の密度を幸福に生きることで、叶えられる目標が生まれるのではないか。

 

つまり、夢よりも目標に向かう動機と過程のほうが重要である。過程の充実していない夢に価値がみいだせるのだろうか。それはないだろう。明日よりも今だ。将来に想いを馳せる生き方でいると、ひとは今を大切にしない。

 

今を大切にしない人物は夢も大切にできない。スピリチュアル的にみて、今を生きるのはとても大切なことで、たえず徳を積み、魂を磨くことが大切であるとしたうえで、魂の世界における通貨は霊性の高さのみといわれている。

 

 

充実した目標

 

充実した目標は充実したひびの連続性のさきにある。ぼくたちはついつい、過去や未来に目をむけすぎて、今をないがしろにすることがある。

 

そんななか徳を積むひびの行いとはすなわち、誰かのために時間をさくという行為だ。これは単に、結果や手段を追い求めるだけでは手に入らないものである。

 

忙しいけれど、その手をとめて、家族サービスをする。困っているひとのためにできることはないか考える。藤岡弘さんのコーヒーのはなしがぼくは好きだ。コーヒーをおとすとき「おいしくな~れおいしくな~れ」とことばにして入れる。

 

物質的価値観の方からすると「無駄な時間」と感じるかもしれない。だけど、そこには想いが存在する。目にはみえないけれど。一見無駄と感じるような所作にこそ人間らしさがある。その連続性が因果関係をつくり、自然と未来に繋がっていくのだ。夢とは標識で、未来は限定するものではなく、今の積み重ねである。

 

だから、幸福なきょうをおくってください。家族や友人を大切にしてください。きょうのことをきょうやる。人間はそれで十分なのだ。行き詰まったり、困ったときはきょう一日を無事に過ごせたじぶんを励ましてあげるんだ。</p